2020年02月29日

水のない鴨々川

2020年2月29日 水のない鴨々川
鴨々川に流す水量は豊平川を出るときに調整できるので、止めた時に水のない川となる。川の流れは遠く茨戸川まで続いている。どこかで河川工事をしている場合に止めることが多い。冬では考えられないが、大雨の時も鴨々川が氾濫しないように調整する。

200229karekawa1.jpg
鴨々川は、ここ南9条橋から下流に行くとすすきの。橋から上流見ると凍っていた。前方の橋は私道に架かる人道橋だから私は渡れない。

200229karekawa2.jpg
中島公園に入って、人道橋の次は水天宮橋、川底が露出している。

200229karekawa3.jpg
川に沿って上流に歩いて行くと中島橋がある。橋の上から見ると左下にオシドリ。

200229karekawa4.jpg
マガモの群れの中にオシドリの雄が1羽。見ている感じではマガモより気が強い。

200229karekawa5.jpg
ここは中島公園の西端、中島橋から上流に向かって歩くと東側に日本庭園、豊平館、札幌コンサートホール・キタラが見える。川面は殆ど凍っている。

200229karekawa6.jpg
キタラに近い中洲1号橋、ここから再び中島公園に入る。

200229karekawa7.jpg
1号橋の次は中洲2号橋、そこから見た鴨々川上流。

200229karekawa8.jpg
そこにマガモの雌と雄、水の流れが少ないと川は凍る。寒いだけでは凍らない。

200229karekawa9.jpg
私が冬の中島公園で見た初めてリス。シルエットしか見えないがエゾリスと思う。

200229karekawa10.jpg
南9条橋より鴨々川を上流に沿って歩き、白鶴橋まで来たが川の流れは見られない。

200229karekawa11.jpg
白鶴橋より上流を見ると多くが川底を見せている。

200229karekawa12.jpg
南14条橋から下流を振り返る。推測だが鴨々川・創成川の一部が現在工事中。
posted by nakapa at 16:53| Comment(0) | 鴨々川

2020年02月21日

冬の鴨々川沿い散歩

2020年2月20日 冬の鴨々川沿い散歩
行啓通に架かる南14条橋から南九場橋の間を散歩した。変化のある楽しい遊歩道だ。

200220kamokamosanpo1.jpg
行啓通に架かる南14条橋、遠くに藻岩山が見える。

200220kamokamosanpo2.jpg
南14条橋から見た鴨々川下流。

200220kamokamosanpo4.jpg
更に下流に行くと白鶴橋。1887(M20)年に、エドウィン・ダンによって競馬場が設置された時、鴨々川を渡る形で馬場が設置されたため、ここに橋が架けられている。1907(M40)に競馬場が廃止されたが、大正天皇が皇太子時代の1911(M44)年に札幌に行幸された時に、この橋を渡って中島から山鼻に入られている。(中島公園三十三選より)

200220kamokamosanpo3.jpg
白鶴橋より上流を見る。左側は中洲。

200220kamokamosanpo5.jpg
白鶴橋の下流、右岸は中島公園、左岸にはマンションが数棟かたまって建っている。

200220kamokamosanpo6.jpg
更に下流に中洲3号橋、少し前から二つに分かれる、鴨々川本流と分流。分流は札幌コンサートホール・キタラ前広場横を流れ、菖蒲池に注ぎ水天宮近くで本流と合流する。

200220kamokamosanpo7.jpg
ここは中洲、橋の名は中洲2号橋。更に向こうに1号橋。

200220kamokamosanpo8.jpg
中洲1号橋、人道橋を三つ渡ると中島公園の外に出れる。次は鴨々川沿い遊歩道。

200220kamokamosanpo9.jpg
左岸は遊歩道だが雪の山、右岸はキタラの裏。ここは除雪され散歩できる。この日は。

200220kamokamosanpo10.jpg
ここはホタル橋、渡辺淳一文学館からキタラに行くのに便利。

200220kamokamosanpo11.jpg
ここは公園橋、市電「中島公園通」電停より豊平館・天文台・キタラへ行くのに便利。

200220kamokamosanpo12.jpg
少し下流に行くと豊平館が見える。遊歩道は雪の下なので車道を散歩。車は少ない。

200220kamokamosanpo13.jpg
中島橋から再び中島公園に入る。右側は日本庭園だが冬期閉鎖中。

200220kamokamosanpo14.jpg
この少し前で鴨々川は菖蒲池からの分流と合流。橋の名は水天宮橋。

200220kamokamosanpo15.jpg
南九橋、ここから中島公園を出る。更に下流に行くと、鴨々川鯉放流場、そこまでは風情
のある散歩道が続いている。向こうに見える人道橋は個人住宅への入り口。


posted by nakapa at 09:47| Comment(0) | 鴨々川

2020年01月29日

薄野南8条を流れる鴨々川

2020年1月29日 薄野南8条を流れる鴨々川
歓楽街として知られる薄野だが、南8条辺りの風景には風情がある。

200129susukino1.jpg
駅前通に架かる藻山橋から鴨々川上流を見る。柳並木と高層ビルが映っている。それを壊すように泳ぐマガモたち。川は半分凍っている。全面凍っていたが融け始めたのだ。

200129susukino2.jpg
氷の上を歩くマガモ、上流に架かる人道橋辺りも融けている。

200129susukino3.jpg
氷の上の足跡がマガモが歩き回った跡。

200129susukino4.jpg
冬でもコイが生息する人道橋の下。

200129susukino5.jpg
昨日は氷が張っていたが、融けるとコイが見えてくる。だいたい頭を上流に向けている。

200129susukino6.jpg
人道橋の下にマガモがこちらに向かって泳いで来るのが見える。冬になるとエサ不足になるせいか、人の姿が見える方向に向かって泳ぐことが多い。よく見ると遠くに藻山橋。

200129susukino7.jpg
更に上流に行くと南8条橋、そこから鴨々川上流を見る。この先が中島公園。薄野を流れる鴨々川は春夏秋冬、姿を変えてそれぞれの風景を見せてくれる。薄野は奥が深い。
posted by nakapa at 20:44| Comment(0) | 鴨々川