2020年06月28日

2020年6月のコイ

2020年6月のコイ

6月28日
200628koi2.jpg
中島公園を出て鴨々川を1条分下流に行くと駅前通に架かる藻山橋が見える。

200628koi1.jpg
藻岩橋から上流を見ると高層ビルが映っていた。

200628koi3.jpg
もっと綺麗なコイもいるのだが、今日は撮れなかった。

6月27日
200627kamekoi.jpg
豊平館前の池だが自然の感じの中にコイとカメが居た。

6月24日
200624koi.jpg
豊平館前の池、西端付近に何時もコイがいる。黒いのも多いが見えにくい。

6月21日
200621koi.jpg
コイの居る風景、日曜日で来園者も多かった。

6月14日
200614koi.jpg
中島公園中の水辺でキショウブが満開だった。
タグ:コイ
posted by nakapa at 16:03| Comment(0) | 動物

2020年06月22日

2020年6月の親子鴨

2020年6月の親子鴨
今年は親子が少ない。18日に9羽を連れた親子が居たそうだが見ていない。結果として7つの子ファミリーを追い続けることになった。今のところは。

6月22日
200622oyako1.jpg
寝場所をいろいろ変えている。最初は幌平橋近くの鴨々川の草むらに身を隠すようにして寝ていた。次は中島公園の藤棚近くの橋下の草むら。今度は隠れずに寝ている。近くにはオオセグロカモメも、ハトも居たのに気にすることなくスヤスヤと。

200622oyako2.jpg
ハトを気にしない鴨の子。カモメは少し離れた所に居続けたが寄ってこない。

6月19日
200619oyako5b.jpg
豊平館前の池にいた馴染みの子等7羽の親子鴨。相変わらずバラバラだが7羽が健在。

200619oyako4.jpg
なぜか1羽が陸に上がる。

200619oyako3.jpg
次に上がる子を見守る母鴨。

200619oyako2.jpg
母鴨が子等について行くような感じ。

200619oyako1.jpg
足元に群がる5羽、少し離れて1羽、母親のそばに1羽、子等にもそれぞれの個性がある。

6月14日 寝姿
200614oyako2.jpg
13時17分、藤棚近くの橋下近くで寝ていた。皆さん静かに見守っていた。

200614oyako3.jpg
寝姿、1羽減ったようにも見えるが重なっているかも知れない。

200614oyako1.jpg
13時45分、目を覚ましたようだが動こうとしない。更に1羽減ったようだが、起きたのだから、どこかに行ったかもしれない。ともかく静かに見守ることにした。

6月13日 戦う母鴨
200613oyako1.jpg
この日、親子は菖蒲池にいた。そこから豊平館前の池に向かう親子。

200613oyako2.jpg
橋を抜け豊平館前の池に出た途端に雄鴨に遭遇、母鴨は威嚇して追い払う行動に出る。

200613oyako3.jpg
母鴨は猛然と雄鴨に襲い掛かる。逃げる雄鴨、それを追う母鴨。

200613oyako4.jpg
母の帰りを待つ7羽の子等。

200613oyako5.jpg
雄鴨を追い払い再び子等と合流した母鴨。

6月11日 中洲3号橋下の水門に阻まれて菖蒲池行きを断念
200611oyako1.jpg
白鶴橋の上から鴨々川の下流方向を見ている。

200611oyako2.jpg
このページでお馴染みの親子鴨がいた。

200611oyako3.jpg
母鴨は子等を菖蒲池方面に誘導しようとした。水門はやや高い板で阻まれている。

200611oyako4.jpg
先ず、母鴨が板を乗り越えて子等を呼ぶ。1羽も板を乗り越えることが出来なかった。

200611oyako5.jpg
水門のある中洲3号橋下を通過してキタラ前広場から菖蒲池に行くルートは諦めた。

200611oyako6.jpg
この辺りで水量が増え流れが早くなる。しばらく陸地をヨチヨチ歩く。

200611oyako7.jpg
意を決して鴨々川に入るが流れは早く、中洲1号橋を過ぎると急流もある。鴨々川の下には直径1メートルの導水管があり、その出口があるので大量の水が吐出されて流れが早くなる。川に高低があり流れも早くなったり遅くなったりする。結局、親子鴨は中洲1号、2号、3号橋辺りをエサを食べながらうろうろしていた。

6月8日 親子鴨は寝場所に帰っていった
200608oyako2.jpg
地下鉄幌平橋駅横をスピードを上げて、一定の方向に泳いで行く親子。

200608oyako1.jpg
寝場所は6月6日に発見した場所と同じだった。ここからエサを求めて鴨々川を彷徨して、ここに戻って寝るのかも知れない。そう思うとここが何処かは書けない。親子の睡眠の邪魔をしたくない。6日に見つけた時も、見つけてから13分間、起きるまでジッと待っていた。

6月7日 親子鴨は白鶴橋の下流までやって来た
200607oyako1.jpg
この時期に鴨々川を見ている人がいれば、大抵は視線の先に親子鴨。13時17分

200607oyako2.jpg
昨日、この親子は幌平橋駅裏の鴨々川から護国神社参道方面に向かった。次は南14条橋から白鶴橋へと向かうと予想し、そのルートを歩いてみたら、自由広場南側を流れる川に来ていた。画像は公衆トイレの裏辺り。話によると白鶴橋の下流まで行っていたそうだ。

6月6日 寝ている親子が起きて活動し始める
200606oyako1.jpg
13時14分、鴨々川遊び場より行啓通側を見ると寝ているような親子が見えた。

200606oyako2.jpg
ぐるりと回り太鼓橋を渡り行啓通に行き起きるのを待つ。13時27分、動き出した。

200606oyako3.jpg
先ず、母鴨が鴨々川に入る。

200606oyako4.jpg
子鴨が次々と川に入る。

200606oyako5.jpg
全部で7羽の子だった。

200606oyako6.jpg
親子は上流に向かって泳ぐ、地下鉄幌平橋駅方面に向かっている。

200606oyako7.jpg
草をかき分けて行くように泳いでいる。

200606oyako8.jpg
13時31分、地下鉄幌平橋付近は川がほぼ自然の形で残っているので草が多い。

200606oyako9.jpg
幌平橋駅横を通り過ぎ鴨々川遊び場の板橋付近に来た。

200606oyako10.jpg
中洲をグルリと回る所に来ると親子はバラバラになって来た。

200606oyako11.jpg
中洲を回り今までとは逆に下流に押されて行く。子はエサを食べ母は見守り。

200606oyako12.jpg
親子は再び移動、押されるように下流へと進む。

200606oyako13.jpg
結局親子は起きてから中洲を一回りして鴨々川本流に出て行った。時刻は13時54分、見つけて近寄り、起きるのを待って追跡、計40分の見守り。これ以上は川に入らない限り追跡できない。ノンビリと親子と一緒に歩いて楽しかった。

6月4日 今年私が見た初めての親子鴨
200604hahako1.jpg
親子のマガモ、草の中で良く見えなかったけれど8羽ぐらいの子と思った。

200604hahako2.jpg
最初に見た時は地下鉄幌平橋駅辺りの鴨々川だったが、鴨々川遊び場に移動。

200604hahako3.jpg
散らばっていて全部まとめて撮る機会がなかった。この時は母の近くに5羽。

200604hahako4.jpg
建物は護国神社の隣の多賀神社。

200604hahako5b.jpg
残念ながら親子まとめて泳いでくれない。

200604hahako6.jpg
沢山撮ったが、8羽の子がいるのは撮れなかった。一度も並んでくれない。移動するときもバラバラに動き、ついに親子がまとまって移動することはなかった。7羽だったかも知れない。親子と言ってもいろいろあるものだ。撮るのに一生懸命で数えていなかった。
タグ:親子鴨
posted by nakapa at 19:39| Comment(0) | 動物

2020年6月のオシドリ

2020年6月のオシドリ
今月はオシドリを見る機会が少なかった。

6月22日
200622osidori1.jpg
スピードをつけて泳ぐオシドリ。

200622osidori3.jpg
菖蒲池中央の中島に2羽きていた。

200622osidori2.jpg
左、オシドリ♂2羽、右マガモ♂2羽で菖蒲池の中央に向けて泳いで行った。

6月21日
200621osidori.jpg
白鶴橋下流の鴨々川に来た1羽のオシドリ♂。

200621osidor2.jpg
オシドリは草を食べていた。川のなかに2羽のマガモ♂。
タグ:オシドリ
posted by nakapa at 16:10| Comment(0) | 動物

2020年05月26日

5月のオシドリ

2020年5月のオシドリ

5月26日
200526osidori.jpg
豊平館前の池で泳ぐオシドリ♂。

5月20日
200520osidorifuufu.jpg
中島のオシドリ夫婦。

5月19日
200519osidori.jpg
陸に上がったオシドリ夫婦。

5月17日
200517osidori1.jpg
藤棚近くのデッキのそばにオシドリが3羽、マガモが2羽、全て雄。

200517osidori2.jpg
デッキによって来たオシドリ2羽とマガモ1羽。

5月15日
200515osidori.jpg
鴨々川の濁流を泳ぐオシドリ夫婦。先頭が雌。キタラ近くの中洲2号橋付近。

5月12
200512osidori.jpg
菖蒲池東岸遊歩道を歩いていると、遠くの西岸にオシドリが見えた。

5月11日
200511osidori.jpg
今日は雨、オシドリの違った姿、上陸したのが見えた。

200511osidori2.jpg
オシドリ夫婦と雄のオシドリ。

5月3日
200503osidori.jpg
白鶴橋の上流。

200503osidori2.jpg
お互いに違う方向を見ている。上が雌、下が雄。

200503osidori3.jpg
そして、向き合う。オシドリの後ろ姿。

200503osidori4.jpg
サクラ、レンギョウ、人、オシドリ、緊急事態で人出も少ないゴールデンウィーク。
タグ:オシドリ
posted by nakapa at 20:58| Comment(0) | 動物

2020年05月23日

5月のアオサギ

2020年5月のアオサギ

5月23日
200523aosagi.jpg
藤棚のある園路から日本庭園を見るとアオサギがいた。

5月19日
200519aosagi.jpg
中島に止まっているアオサギを撮ろうと思ったら東の方に飛んで行った。

5月13日
200513aosagi1.jpg
ボート乗場のアオサギ、今年の貸ボート営業はコロナ禍で休止。

5月12日
200513aosagi2.jpg
桜の花びら浮かぶ藤棚横のシダレザクラ近くにいたアオサギ。

200512aosagi2.jpg
シダレザクラと飛び立とうとするアオサギ。

5月1日
200501aosagi1.jpg
菖蒲池にアオサギが来た。

200501aosagi2.jpg
水の中に降りて来た。

200501aosagi3.jpg
周辺の風景。

200501aosagi5.jpg
飛んで行くアオサギを撮る人。

200501aosagi4.jpg
アオサギの行き先は菖蒲池、ほぼ中央の中島。
タグ:アオサギ
posted by nakapa at 20:57| Comment(0) | 動物

2020年04月29日

4月のオシドリ

2020年4月のオシドリ
日本も広く、場所によっては千羽ぐらい居る所もあるらしいが、ここは少ない。

4月29日
200429osidori1.jpg
札幌コンサートホール・キタラ近く、中洲橋上流の鴨々川にオシドリが居た。

200429osidori2.jpg
オシドリ夫婦と雄1羽(かも知れない)。

4月20日
200420osidorimoiwayama.jpg
菖蒲池越しに見える藻岩山、近くにオシドリ夫婦。

4月17日
200417osidorifufu.jpg
今春は雄1、雌1のオシドリペアがよく見られる。夫婦かも知れない。

4月16日
200416karumagaosi.jpg
左からカルガモ2羽、マガモの雄1羽、しんがりはオシドリ夫婦。

200416osidorifuufu.jpg
左がオシドリの雌、右はオシドリの雄。

200416osidorifuufu2.jpg
菖蒲池西岸のデッキより撮影。対岸は東側遊歩道と林。

4月14日
200414osidor1.jpg
これはオシドリ夫婦を撮ったつもりだが雄が外れてしまった。

4月10日
200410osidoriosu2.jpg
西側デッキに近い中島にオシドリの雄が見えたが、なかなか動いてくれない。

200410osidoriosu.jpg
やっと池に入ったのでパチリと一枚。左下の1羽はマガモの雌。
タグ:オシドリ
posted by nakapa at 14:35| Comment(0) | 動物

2020年04月10日

菖蒲池中島にアオサギが1羽

2020年4月9日 菖蒲池中島にアオサギが1羽

200409aosagi5.jpg
菖蒲池東側遊歩道を歩いていると南側の中島にアオサギが見えた。

200409aosagi4.jpg
私にとっては今年初めて見たアオサギ。

200409aosagi3.jpg
アオサギが池に映る自分自身を見ている感じ。小魚を探しているのかも知れない。

200409aosagi2.jpg
しばらくジッとしていた。

200409aosagi1.jpg
そして、飛び去った。この後、飛んだところを撮ったが失敗。たった5分間の出来事。
タグ:アオサギ
posted by nakapa at 10:46| Comment(0) | 動物

2020年04月05日

4月初旬の中島公園

2020年4月1日〜5日 4月初旬の中島公園
フキノトウ、クロッカス、フクジュソウが咲き始める。新型コロナウイルス問題で休館していた豊平館、体育センター、文学館等が開館した。菖蒲池が融け水鳥が帰って来た。菖蒲池にコイが見られた。

4月5日
200405kurokksu.jpg
札幌コンサートホール・キタラ前広場でクロッカスが咲き始める。その他、地下鉄幌平橋駅前広場、公園橋近くの公衆トイレ前、人形劇場こぐま座裏でも少しだけ咲き始め。

200405fukujusou.jpg
冬期閉鎖中の日本庭園内でフクジュソウが咲く。外から撮影。

200405fukinotou.jpg
キタラ裏や豊平館近くの鴨々川沿いにもアチコチにフキノトウが咲き始めた。

200405kamofuki.jpg
日本庭園に近い中島橋の下はフキノトウが咲き始め春の気配。マガモの雄が1羽。

200405hato.jpg
豊平館に近い鴨々川上空にハトの群れが舞う。

4月4日
200404mukudori.jpg
菖蒲池北西岸にムクドリ。

200404kamo.jpg
上の画像の更に北側にはコイが見られた。画像ではマガモの下に3匹は見える。

200404kitaramae.jpg
雪も殆ど無くなった札幌コンサートホール・キタラ前広場。

4月3日
200403houheikan.jpg
融けるのが遅い豊平館前の池も融け始めた。

4月2日
200402tobukamo.jpg
春はマガモがよく飛ぶ。

4月1日
200401kamome.jpg
オオセグロカモメが飛んでいる。

200401houheikan.jpg
3月31日まで閉鎖していた国指定重要文化財豊平館、中島体育センター、道立文学館が開館。人形劇場こぐま座は4月の掲示なし(決まったら掲示があると思う)、中島児童会館は1日現在の掲示では「しばらく休館」とのこと。
タグ:春一番の花
posted by nakapa at 19:32| Comment(0) | 動物

2020年03月29日

池が融けだし水鳥が来た

2020年3月29日 池が融けだし水鳥が来た
春が来て菖蒲池等の池が融けマガモ、オオセグロカモメ等の水鳥が来始めた。

3月29日
200329kamo3.jpg
菖蒲池南西岸はかなり融けていた。

200329kamo2.jpg
菖蒲池東岸の遊歩道から撮影。

200329kamo1.jpg
春のマガモはほんとうによく飛ぶ。何故だろう?

3月28日
200328kamome1.jpg
融け始めた菖蒲池にオオセグロカモメが来た。藻岩山もくっきりと見える。

200328kamokamome1.jpg
マガモも来ていた。写っているのはマガモの雄。

200328kamotugai.jpg
近くで見たマガモの番。

200328kamo1.jpg
中島の向こうにボート乗場が見える。池が融け始めて10日くらいと思う。

200328kamo2.jpg
左下にマガモ、左上に札幌コンサートホール・キタラの一部が見えている。

3月27日
200327teienkamo.jpg
藤棚近くの日本庭園東側の細長い池も融けだした。

200327tobukamo.jpg
菖蒲池西岸、春のマガモはよく飛ぶ。

3月26日
200326houheiike.jpg
豊平館前の池も一部融けだす。

200326kamome.jpg
菖蒲池北側に居たオオセグロカモメ。

3月25日
200325tobukamo.jpg
菖蒲池の看板のある近くにもマガモが飛んで来た。

3月23日
200323kamotugai.jpg
マガモ、画像の左側が雄、右側が雌。

3月22日
200322kamo6wa.jpg
藤棚近くの橋から撮る、マガモが6羽。

200322tobukamo.jpg
春のマガモは実によく飛ぶ。

3月21日
200321kakou.jpg
菖蒲池南側の河口。毎年ここから融け始める。

3月20日
200320ikekita.jpg
菖蒲池北側、菖蒲池が融け始めると水鳥がやってくる。これも春の風物詩。
posted by nakapa at 18:33| Comment(1) | 動物

2020年02月29日

珍しい冬のリス

2020年2月29日 珍しい冬のリス
円山にはリスが沢山いるが中島公園では少ない。特に冬は少ない。居ないと思っていた。

200229risu5.jpg
右側に木が2本、低い塀、その後ろが高層ビル。木の辺りにリスがいた。多分エゾリス。

200229risu1.jpg
木にリスが止まっているが後ろを向いている。

200229risu2.jpg
更に後ろ向きになってしまった。なかなかこちらを向いてくれない。

200229risu3.jpg
ようやく木から降りてくれたがシルエットしか見えない。

200229risu4.jpg
なんとかリスと見えるようになる。私にとっては冬の中島公園で見た初めてのリス。
posted by nakapa at 07:00| Comment(0) | 動物