2022年05月21日

中島公園の施設巡り

2022年5月20日 中島公園の施設巡り
施設の外見を撮りながら公園内を散歩した。道立文学館と中島体育センターは大きな施設だが、撮っていない。振り返ってみると気ままな散歩だった。

220520sisetu12.jpeg
日本庭園、建物は国指定重要文化財の茶室「八窓庵」。

220520sisetu11.jpeg
日本庭園の隣は豊平館。これも国指定重要文化財。

220520sisetu10.jpeg
札幌市天文台、散ったサクラの花びらが綺麗。

5月16日撮影
220516sisetu9.jpeg
中島公園庭球場、今では珍しいアンツーカーコート。彼方に藻岩山が見える。

5月15日撮影
220515sisetu8.jpeg
コロナ禍で2年連続で休業していた菖蒲池の貸ボートだが、今年は営業再開した。

220515sisetu7.jpeg
いろいろなイベントが行われる自由広場、土日祝にはフリマが開かれる。

5月14日撮影
220514sisetu6.jpeg
札幌コンサートホール・キタラで開かれるコンサートに行く人々。

220514sisetu5.jpeg
1917年、
開道50年記念博覧会のあと、植栽されたイチョウ並木。

5月13日撮影
220513sisetu4.jpeg
中島公園西側、キタラ裏を流れる鴨々川 沿いの遊歩道にはお屋敷も残されている。

5月8日撮影
220508sisetu2.jpeg
中島公園内を流れる鴨々川 、ここ南14条橋下流では毎朝ラジオ体操が行われる。

220508sisetu3.jpeg
今年はPMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)実施予定のキタラ。

5月7日撮影
220507sisetu1.jpeg
地下鉄中島公園駅3番口付近はこぐま座、遊戯広場、児童会館のあるお子様ゾーン。

posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | 施設

2022年04月25日

日本庭園開園

2022年4月25日 日本庭園開園
日本庭園は冬期閉鎖が終わり4月25日に開園した。

220425teien1.jpeg
約5ヶ月ぶりに日本庭園の門が開いた。

220425teien2.jpeg
国指定重要文化財八窓庵も同時にオープン。ただし、屋内には入れない。

220425teien3.jpeg
庭園内のサクラも開花。

220425teien4.jpeg
庭園内から藤棚のある園路を見る。

220425teien5.jpeg
エゾヤマザクラは開花、右側のシダレザクラは開花を待っている。

220425teien6.jpeg
エゾエンゴサクとカタクリが咲いている。フクジュソウは終わったのかも知れない。

220425teien7.jpeg
カタクリがきれい。
タグ:日本庭園
posted by nakapa at 16:47| Comment(0) | 施設

2022年04月24日

営業再開準備中のボート乗り場

2022年4月24日 営業再開準備中のボート乗り場
コロナ禍の影響で2020年、2021年と休業していた貸ボートの営業は3年ぶりに営業開始になる模様だ。ボート乗り場では貸ボート営業の準備が着々と進んでいた。

220424boat1.jpeg
菖蒲池北西岸に写真を撮りに行くと、対岸の風景が変わっていた。ボートが水に浮かんでいるのを3年ぶりに見た。この2年間、ボートは陸揚げされブルーシートで覆われて保管されていた。

220424boat2.jpeg
ボート乗り場ではボートを水に浮かべる作業をしていた。

220424boat3.jpeg
もうじき池に浮かぶボートが見られる。

220424boat4.jpeg
菖蒲池越しに藻岩山が見える。

220424boat5.jpeg
ここから離れて池のあちこちでボートが見られる日も近い。
タグ:出来事
posted by nakapa at 16:42| Comment(0) | 施設

2022年02月25日

大雪の中の彫刻

2022年2月 大雪の中の彫刻
今月はかってない大雪だった。中島公園でも初めて見る大雪景色がそこらじゅうで見られた。公園内の彫刻も珍しい風景を見せてくれた。今回は日付順に掲載。

2月2日
220202soukyou.jpeg
札幌コンサートホール・キタラ前広場、彫刻「相響 」の上に雪がいっぱい。

2月7日
220207mori.jpeg
台座を含め6mある彫刻「森の歌」だが、台座が雪に埋まって見えない。

2月12日
220212tourou.jpeg
札幌護国神社の灯籠、斜めに傾いていても落ちない粘っこい雪。

2月16日
220216ikinosita.jpeg
すっぽりと雪に覆われた「木下成太郎像。こんな姿は初めて見た。

2月18日
220218fuefuku.jpeg
彫刻「笛を吹く少女」の腰から下は雪の中。

220218hahatoko.jpeg
一部とは言え「母と子の像」を見たのはこの日が最後。その後は雪に埋まった。

2月24日
220224choukoku1.jpeg
「笛を吹く少女」はここまで沈む。

220224choukoku2.jpeg
「鶴の舞」もここまで埋まっている。

220224choukoku3.jpeg
少しだけ盛り上がっている所には「猫とハーモニカ」を覆う雪。高さが低いので2月に入ってからは、その姿を見たことがない。18日には少し見えていた「母と子の像」も今日は雪の下で何も見えなかった。
タグ:出来事
posted by nakapa at 16:42| Comment(0) | 施設

2021年12月30日

2022年1月4日歩くスキー無料貸出所オープン

中島公園内、中島体育センターで無料貸出所オープン
●スキー、ストック、靴のスキーセットを無料貸出
貸出期間は2022年1月4日(火)〜3月6日(日)
天候による変更も有り得る。
貸出時間は10時〜16時(1月24日、2月28日を除く)
*注意
混雑時は駐車できない(公共交通機関の利用推奨)
スキーセットは数に限りがあり、希望のサイズがない場合もある。 

220101suki.jpg
プレハブのスキー貸出所が建てられた。1月4日貸出開始。
タグ:歩くスキー
posted by nakapa at 05:37| Comment(0) | 施設

2021年11月21日

冬支度の中島公園

2021年11月16日〜20日 冬支度の中島公園
中島公園は冬を迎える準備中。画像は11月16日〜20日に撮影した中島公園の様子。

211117soukyou.jpg
札幌コンサートホール・キタラの「相響」が防水シートで覆われた。

211120hassouan.jpg
日本庭園は閉鎖され、八窓庵は雪害を避ける為プレハブの中。

211118toire.jpg
公園内、七カ所の公衆トイレの内、五カ所が閉鎖された。

211118heisatoire.jpg
閉鎖トイレは×印が表示されている。画像クリックで拡大。

211120toire.jpg
自由広場のトイレは冬でもオープン。もう一つは中島公園駅に近い北(すすきの)側の道路に面したトイレ。この二カ所が冬でも使用できる。

211120mizunomiba.jpg
公園内、全ての水飲み場は閉鎖。

211116botonoriba.jpg
ボートの営業は、コロナ禍で2年連続で休業。

211117fuefukushoujo.jpg
彫刻「笛を吹く少女」付近のバラも冬囲い。

211116shoubuike.jpg
その他、公園中、至る所で冬囲い。
posted by nakapa at 23:01| Comment(0) | 施設

2021年11月07日

日本庭園冬期閉鎖へ

2021年11月7日 明日から日本庭園冬期閉鎖
国指定重要文化財八窓庵を含む日本庭園は11月8日から4月下旬頃まで閉鎖。

211107teien2.jpg
北門に貼られた閉園のお知らせ。

211107teien3.jpg
北門から入り、少し歩き振り返ると、こんな感じ。

211107teien4.jpg
庭園内は落ち葉と紅葉、黄葉でいっぱい。

211107teien5.jpg
水は山から川へ、そして大海に注ぐ。こんな感じの庭園。

211107teien1.jpg
茶室の、こちら側が江戸時代の八窓庵。

211105teien1.jpg
玄関がある、こちら側は大正時代に付設された三分庵(11月5日撮影)

以下、11月6日撮影
211106teien2.jpg
この庭園の名木、シダレザクラは落葉したが枝ぶりが美しい。

211106teien1.jpg
越冬準備終了、冬囲いされた木々が整然と並んでいた。

211106teien3.jpg
開園は明日までだが砂の線が綺麗に描かれていた。

211105teien2.jpg
画像、左側は八窓庵、右側は四阿。南側からの風景。(11月5日撮影)
続きを読む
タグ:日本庭園
posted by nakapa at 18:44| Comment(0) | 施設

2021年09月01日

2021年コロナ禍関連で再開後、休館、休業、中止

2021年10月1日追記
全国の緊急事態解除に伴い中島公園内の施設も原則開館。事態の変更に伴い、休館して開館、そして延長と混乱したが、こんな事実があったと、経過を書き残すことにした。開館した時は直ぐに閉館とは思いもよらなかった。いずれにしろ終わった話。再び閉館することがないことを祈る。

211001houheikan.jpg
9月30日まで閉館していた豊平館は緊急事態解除で開館。

2021年9月13日追記
緊急事態宣言 19都道府県で延長を決定、9月30日まで。対応はいろいろなので、道、札幌市、あるいは各施設のホームページ等で確認する必要がある。

2021年8月27日追記
また緊急事態発令、期間は9月12日まで。中島公園内施設は原則休館だが、対応はいろいろ。札幌市、あるいは各施設のホームページ等で確認する必要がある。例えば道立文学館の場合は次のように掲示されている。
210826bungakukankeiji.jpg

2021年8月22日追記
まん延防止等重点処置を受け、中島公園内の施設も9月12日まで、延長された。画像は中島体育センター前の場合だが、対応は施設によって開館してたり、一部利用可能だったり、いろいろ違う。札幌市、あるいは各施設のホームページ等で確認する必要がある。
210822taisenkeiji.jpg

2021年8月2日追記
道内まん延防止適用に伴い公立施設は原則休館。期間は8月2日〜31日。
施設によって対応は異なるので、札幌市HP,各施設等に確認する必要がある。

2021年7月29日追記
札幌コンサートホール・キタラは張り紙の「お知らせ」のとおり休館中。開催予定のPMF全公演(7月28日〜8月1日)が中止となった。
210730kitaraharigami.jpg

休館していた中島公園内施設については7月12日に開館と書いが、10日間で休館又は制限付き開館となった。コロナ禍の開館制限はコロコロ変わるのでついて行けなくなった。本来、各施設のウェブサイトを見れば正確で詳しい情報が分かること。ただ、中島公園内全体を一つに纏めれば、それなりに便利かと思って続けていた。しかし、最早限界、纏められなくなったので中止します。

以下、は7月22日に撮った参考写真です。
210722taiikucenter.jpg
書いてある通り、一部営業している。

210722bungakukan.jpg
簡単に言うと「特別展」は予定通り実施。
上の二例でも分かるように一概には言えない。詳しい情報は各施設、札幌市のホームページ等をご覧ください。

2021年7月12日(時点で) 10日間、日常を取り戻した中島公園
まん延防止等重点措置解除に伴い、中島公園内の諸施設は7月12日又は13日に開館する。中島公園は、久しぶりに日常を取り戻した。ただ、ボートだけは2年連続の休業となっている。

210712houheikan2.jpg
7月12日、久しぶりに開館したので、さっそく入らせてもらった。

210712houheikan1.jpg
中から外を見るのもいいものだ。久しぶりの館内見学を楽しんだ。

210712hassouan1.jpg
豊平館の隣は日本庭園、庭園内にあり休館していた八窓庵が開館、と言っても茶室の中には入れない。ところで、豊平館と八窓庵は国指定重要文化財である。

210712hassouan2.jpg
隣にある八窓庵の庭、入り口が別になっているが、こちらもオープン。

210712teikyu1.jpg
地下鉄幌平橋駅近くの中島公園庭球場も今日からオープン。

210712teikyu2.jpg
お昼過ぎだが、既に多くの人々がテニスを楽しんでいた。

210712taiikusenta.jpg
昨日まで中島体育センター玄関に大きく表示された「休館中」の掲示が撤去された。

210712jidoukaikan.jpg
中島児童会館も今日から開館。

210711kogumaza.jpg
人形劇場こぐま座も、いよいよ上演開始。掲示板も余すことなく埋まっている。以上、7月12日オープン。道立文学館と札幌市天文台開館は2021年7月13日の開館。

210702kitara2.jpg
札幌コンサートホールは長期の改修工事が完了、7月1日にリニューアルオープン。

210713botonoriba.jpg
ボート乗場は連続2年の休業中。なんとなく寂しそう。
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | 施設

2021年08月17日

鴨々川の水はどこから?

2021年8月17日 鴨々川の水はどこから?
創成川取水樋門橋から豊平川の取水口まで、河川敷を散歩していたら「中島公園にサクラマス遡上」の珍事を思い出した。

210817himonkyo10.jpg
豊平川に架かる幌平橋から上流を見ると遠くに藻岩山が見える。

210817himonkyo9.jpg
近くを見るとこのような建物が。

210817himonkyo7.jpg
創成川取水樋門橋、ここから薄野辺りまでが鴨々川と呼ばれている。

210817himonkyo6.jpg
これが
創成川取水樋門橋。

210817himonkyo8.jpg
ここで鴨々川に流れる流量を調整する。

210817himonkyo5.jpg
少し手前はこんな感じ。

210817himonkyo4.jpg
直ぐに導水管出口、豊平川の入口まで歩いたら約10分かかった。

210817himonkyo3.jpg
途中に南19条大橋、ホントに長い導水管だ。

210817himonkyo1.jpg
ここが豊平川からの取水口。サクラマスがこんな長いトンネルを通って、中島公園までやってきたとは驚きだ。中島公園で行き場を失ったサクラマスの死骸をアチコチで見た。生き残ったサクラマスの多くは、人の手で豊平川に戻された。

210817himonkyo2.jpg
縦スリットの間隔が広く、サクラマスが通り抜けけたそうだ。その後、サクラマスが入らないような対策が取られたと聞いている。2007年秋の出来事だった。
詳細はこちらをクリック! → 鴨々川に迷い込んだサクラマスの運命
タグ:出来事
posted by nakapa at 16:29| Comment(0) | 施設

2021年06月23日

2021年コロナ禍で休館延長の施設

2021年コロナ禍で休館延長の施設

●2021年7月12日追記(中島公園内の施設は全て開館)
豊平館開館 令和3年7月12日
八窓庵開館 令和3年7月12日
札幌コンサートホール開館(開館継続)
中島体育センター開館 令和3年7月12日
中島公園庭球場開館 令和3年7月12日
札幌市こども人形劇場こぐま座開館 令和3年7月13日
児童会館・ミニ児童会館(計200施設)開館 令和3年7月12日
札幌市天文台開館 令和3年7月13日
以上、札幌市ウェブサイトよりコピー。

道立文学館については休館期間を令和3年7月12日(月)まで延長(文学館公式サイトよりコピー)、7月13日オープンの見込み。

●以下、2021年6月23日の状況
コロナ禍で中島公園内の施設もたびたび延長されている。今回は掲示を見て歩いた。以下の他にも、ボート乗場は休業、豊平川花火大会も中止、札幌コンサートホール・キタラは改修のため6月30日まで休館となっている。

210624heisa7.jpg
中島体育センターは7月11日(日)まで延長。

210624heisa6.jpg
道立文学館は7月12日(月)まで延長。

210624heisa5.jpg
中島児童会館は長い間、「本日休館」と掲示されている。ほぼ横並びと思う。

210624heisa4.jpg
こぐま座も休館中、開館すれば予定がここに表示される。

210624heisa3.jpg
八窓庵は「当分の間」とのことだが、他施設と横並びと思う。

210624heisa2.jpg
豊平館は7月11日(日)まで臨時休館。

210624heisa1.jpg
天文台は
7月12日(月)まで延長。
タグ:コロナ禍
posted by nakapa at 00:00| Comment(0) | 施設