2022年02月25日

大雪の中の彫刻

2022年2月 大雪の中の彫刻
今月はかってない大雪だった。中島公園でも初めて見る大雪景色がそこらじゅうで見られた。公園内の彫刻も珍しい風景を見せてくれた。今回は日付順に掲載。

2月2日
220202soukyou.jpeg
札幌コンサートホール・キタラ前広場、彫刻「相響 」の上に雪がいっぱい。

2月7日
220207mori.jpeg
台座を含め6mある彫刻「森の歌」だが、台座が雪に埋まって見えない。

2月12日
220212tourou.jpeg
札幌護国神社の灯籠、斜めに傾いていても落ちない粘っこい雪。

2月16日
220216ikinosita.jpeg
すっぽりと雪に覆われた「木下成太郎像。こんな姿は初めて見た。

2月18日
220218fuefuku.jpeg
彫刻「笛を吹く少女」の腰から下は雪の中。

220218hahatoko.jpeg
一部とは言え「母と子の像」を見たのはこの日が最後。その後は雪に埋まった。

2月24日
220224choukoku1.jpeg
「笛を吹く少女」はここまで沈む。

220224choukoku2.jpeg
「鶴の舞」もここまで埋まっている。

220224choukoku3.jpeg
少しだけ盛り上がっている所には「猫とハーモニカ」を覆う雪。高さが低いので2月に入ってからは、その姿を見たことがない。18日には少し見えていた「母と子の像」も今日は雪の下で何も見えなかった。
タグ:出来事
posted by nakapa at 16:42| Comment(0) | 施設