2021年08月08日

感染防止で観戦自粛のマラソン

2021年8月7・8日 感染防止で観戦自粛のマラソン
コロナの感染防止のため観戦自粛のオリンピック・マラソンは、通過後一時間以上たってから行ってみた。走っているところは後でテレビと新聞で楽しむことにした。とりあえず、殆ど人の居なくなった、中島公園周辺のコースを歩いて見た。

8月8日 男子マラソン
210808marason1.jpg
中島公園周辺の「ようこそ・マラソン」掲示は他にもあったが、観戦自粛に合わせて取り外されたものあった。今はこれしか見つけられなかった。

210808marason2.jpg
大会関係者らしき人も僅かながら残っていた。

210808marason3.jpg
幌平橋手前で何故か通行止。選手はとっくに通り過ぎ、次の予定もないのだが。

210808marason4.jpg
画像の左端から右端まで幌平橋。この橋は広い、ポートランド広場と呼ばれている。

210808marason5.jpg
何故か白バイが一台、隠れるように待機していた。

7月7日 女子マラソン
210807marason1.jpg
初めて見たサッポロ・シティ・ナビ。新設されたようだ。

210807marason2.jpg
こんな掲示があった。黄色い観戦自粛テープは至る所で見られる。

210807marason3.jpg
選手と一緒に走りたい人がいるから、こんな掲示も必要になる。世の中いろいろ。

210807marason4.jpg
「触れ合うのを避けて下さい」掲示。テレビでは場所によってはギュウギュウだった。

観戦者が居てのオリンピックとつくづく感じた、マラソンコース散歩だった。ところで、2020年8月1日の新聞報道によると、全国で1578人と最多を記録、東京で463人と初の400人超えと大さわぎ。今年はその10倍以上で記録更新中。未だにピークが何時か予想もつかない。2020年東京オリンピックは予定通り昨年開催で好かったのか?

決して誰でも出来る後講釈をしている訳ではない。この1年間、今の状況を予想できる人が誰も居なかったのか。居てもその意見を取り入れる仕組みが無かったのか。今の状況でオリンピックを無観客でやるのがベストと信じていたのか。いずれにしろ、予想を立てて計画を練る人の姿が見えない。

報道によると「IOC(国際オリンピック委員会)は2020年3月24日、新型コロナウイルスの世界的なパンデミックにより、2020年の東京オリンピック開催を断念、 1年程度の延期とすることを発表した 」とある。延期の理由がパンデミックなら開催の条件はパンデミックの解消になると思う。
posted by nakapa at 13:00| Comment(0) | イベント