2020年02月17日

2月の雪遊び

中島公園2月の雪遊び
ソリや雪だるま作り、雪と戯れている感じの人々、作品などを撮ってみた。

2月16日
200216iguru.jpg
自由広場でイグルー作り。

200216iguru2.jpg
行啓通に面した中島公園でもイグルーが作られていた。

2月13日
200213yukidaruma2.jpg
9条広場では雪だるまが作られていた。

200213yukidaruma.jpg
何となく日本人離れした雪だるま。多分、外国人が作ったのだろう。

2月12日
200212yukidaruma.jpg
「ゆきあかりin中島公園」で使ったスノーランタンを利用したようだ。

2月11日
200211kujohiroba.jpg
9条広場及び、その横の園路で雪を楽しむ人々。

200211kitaramae.jpg
札幌コンサートホール・キタラ入口付近。

2月9日
200209yukidaruma.jpg
雪だるまが従来の形ではなくなって来ている。

2月8日
200208yuugihiroba.jpg
手に持っている赤い物は雪合戦の雪玉を作る道具と思う。

200208tenmonda.jpg
天文台でソリ滑りが人気。最近は大人まで参加。

2月5日
200205darumadukuri.jpg
9条広場で雪だるま作り。

200205sirakaba.jpg
シラカンバの向こうに子供人形劇場こぐま座が見える。
2月2日
200202yukidaruma.jpg
今年は子年、私にはネズミに見えるけれど洋風雪だるま。凍結した菖蒲池東岸。
posted by nakapa at 19:56| Comment(0) | 春夏秋冬

2020年02月08日

第14回ゆきあかりin中島公園

2020年2月7日〜2月9日 第14回ゆきあかりin中島公園
恒例の「ゆきあかりin中島公園」が今年も開催。2月7日〜9日の3日間。
メイン会場9条広場、ゆきあかりの他に子供達の「ゆきあそびコーナー」、「冬の野外人形劇」もある。キッチンカーによる飲食販売、中島児童会館2階の「ホッとステーション」。そして、紙コップランタンに願いを書きあかりを灯すコーナーもある。冬期閉園している日本庭園もオープン、冬の庭園に入れる唯一の機会を楽しめる。
詳細は中島公園公式ページ → 「第14回ゆきあかりin中島公園開催のご案内

2月8日 「ゆきあかりin中島公園」二日目(土)
200208yukiakare1.jpg
札幌コンサートホール・キタラ前広場を見ると、上空に満月に近い月。

200208yukiakare2.jpg
「ゆきあかりin中島公園」で天文台にもゆきあかり。夜間公開実施中。

200208yukiakare3.jpg
ここはキタラ北側だが、渡辺淳一文学館への遊歩道にはスノーキャンドルが並ぶ。

200208yukiakare4b.jpg
豊平館はライトアップされていた。

200208yukiakare4.jpg
「ゆきあかりin中島公園」期間中は、夜間無料観覧(通常は観覧料300円)。

200208yukiakare5.jpg
ゆきあかり期間中は冬期閉鎖の日本庭園も臨時解放。南門から中に入る。

200208yukiakare6.jpg
展望台から見た日本庭園、池が凍結している。

200208yukiakare12.jpg
雪のステージでは冬の野外人形劇「マルシュカと12の月」上演中。

200208yukiakare7.jpg
フィナーレでは花火も打ち上げられて、最高の盛り上がり。

200208yukiakare8.jpg
多くの観客が最後まで楽しんだ。建物は人形劇場こぐま座の隣の中島児童会館。

200208yukiakare11.jpg
メイン会場、白く光っているのが雪のステージで、その隣が地下鉄中島公園駅3番口。

200208yukiakare9.jpg
寒い中、メイン会場の9条広場はにぎわっていた。右側は人気のカマクラ。

200208yukiakare10.jpg
テントで紙コップに願い事や絵を描き、雪の中に飾る来場者参加のコーナー。

2月7日 「ゆきあかりin中島公園」開催準備
今日の夕方から開始だが用事があって取材出来ない。代わりに直前の準備状態撮影。
200125tirasi.jpg
中島公園管理事務所掲示板を撮影。詳細→『第14回ゆきあかり』チラシ.pdf

200125tirasiura.jpg
中島公園管理事務所掲示板を撮影。詳細→ 『第14回ゆきあかり』チラシ裏.pdf
去年までの詳細は「中島パフェ」 → ゆきあかりin中島公園


200207junbi2.jpg
「冬の野外人形劇」で使用される雪のステージは地下鉄中島公園駅3番口直結。

yagainingyogeki.jpg
こぐま座前の「冬の野外人形劇」の看板

200207junbi3.jpg
11時から先生に引率された小学校の生徒が「紙コップキャンドル」に絵を描いて置いていた。夕方には蝋燭が灯され、光の帯のようになる。そして来場者にも新たに描いて追加してもらう「灯りと願いのターミナル」。

200207junbi4.jpg
小さい子に人気のあるミニ滑り台。

200207junbi7.jpg
メイン会場となる9条広場、雪のステージやシンボルゆきあかり、カマクラ等がある。

200207junbi1.jpg
スノーキャンドルが新聞紙で包まれ「ゆきあかりin中島公園」開催を待っている。

200207junbi8.jpg
ゆきあかり街道に灯を灯し各会場への誘導を促す。その為の準備中。

200207junbi9.jpg
点灯を待っている両側のスノーキャンドル。

200207junbi5.jpg
9条広場北側にはホットドリンクや軽食を提供する移動販売車が並ぶ。

200207junbi6.jpg
参加する実行委員の団体名と活動内容の要約(一部)。

2月6日 「ゆきあかりin中島公園」の前日
200206yukiakari.jpg
積雪が少なかったが昨日から大雪が降った。

1月25日 只今準備中
200125yukiakarijunbi.jpg
地下鉄中島公園駅3番口、直ぐ横で「ゆきあかりin中島公園」のステージ制作開始。
タグ:ゆきあかり
posted by nakapa at 16:21| Comment(0) | イベント

2020年02月06日

2月6日の雪景色

2020年2月6日の雪景色
12月の下旬は雪景色が見られない日があった。1月も小積雪だが2月は降った。「ゆきあかりin中島公園」前にようやく積雪もある冬らしい中島公園になった。

200206yukiakari.jpg
2月7日(金)〜9日(日)は「ゆきあかりin中島公園」。

200206ooyuki8.jpg
この先、札幌コンサートホール・キタラ裏側を流れる鴨々川。

200206ooyuki7.jpg
キタラ裏、右側にキタラが見える。キタラの裏も散歩道。

200206ooyuki6.jpg
キタラから中島公園駅方向への園路へ。

200206ooyuki5.jpg
菖蒲池南岸に建つ四阿。

200206ooyuki4.jpg
日本庭園南門横のゴヨウマツに雪がてんこ盛り。

200206ooyuki3.jpg
藤棚の上にも雪が積もっている。雪道を走る人も。

200206ooyuki2.jpg
国指定重要文化財豊平館。

200206ooyuki1.jpg
ようこそ中島公園へ!
posted by nakapa at 20:47| Comment(0) | 春夏秋冬

2020年01月29日

薄野南8条を流れる鴨々川

2020年1月29日 薄野南8条を流れる鴨々川
歓楽街として知られる薄野だが、南8条辺りの風景には風情がある。

200129susukino1.jpg
駅前通に架かる藻山橋から鴨々川上流を見る。柳並木と高層ビルが映っている。それを壊すように泳ぐマガモたち。川は半分凍っている。全面凍っていたが融け始めたのだ。

200129susukino2.jpg
氷の上を歩くマガモ、上流に架かる人道橋辺りも融けている。

200129susukino3.jpg
氷の上の足跡がマガモが歩き回った跡。

200129susukino4.jpg
冬でもコイが生息する人道橋の下。

200129susukino5.jpg
昨日は氷が張っていたが、融けるとコイが見えてくる。だいたい頭を上流に向けている。

200129susukino6.jpg
人道橋の下にマガモがこちらに向かって泳いで来るのが見える。冬になるとエサ不足になるせいか、人の姿が見える方向に向かって泳ぐことが多い。よく見ると遠くに藻山橋。

200129susukino7.jpg
更に上流に行くと南8条橋、そこから鴨々川上流を見る。この先が中島公園。薄野を流れる鴨々川は春夏秋冬、姿を変えてそれぞれの風景を見せてくれる。薄野は奥が深い。
posted by nakapa at 20:44| Comment(0) | 鴨々川

2020年01月28日

中島公園、冬遊び

2020年1月25〜28日 中島公園、冬遊び
55年前に東京から転勤で北海道に来たときの印象は、物価が高いことと、地元の子供が雪だるまを作らないこと。最近になって雪だるまを作る親子が急に増えて来た印象だ。外国人が多いようだ。ゆきと遊ぶ人たちを遠くから撮ってみた。

28日
200128yukidaruma2.jpg
みんなで雪だるまを作ったようだ。

200128yukidaruma.jpg
外国人が作るとこんな風になるのだなと感心した。

27日
200127yjkidruma.jpg
9条広場の雪だるま、彫刻「森の歌」の前にも人影が見える。

26日
200126yukiasobi6.jpg
最近は大人も増えた天文台のソリ遊び。

200126yukiasobi5.jpg
ここは豊平館が見える天文台坂下だが、いろいろな場所に雪だるまを作る人が居る。

200126yukiasobi4.jpg
ここは9条広場だが雪景色を楽しむ人が多い。雪が積もると人出も増える。

200126yukiasobi3.jpg
9条広場でもアチコチで雪だるまを作る人。ほとんどが外国人のようだ。

200126yukiasobi2.jpg
雪と戯れる人と、それを撮って楽しむ人。

200126yukiasobi1.jpg
2月7日〜9日の「ゆきあかりin中島公園」準備中。

25日
200125yukiasobi1.jpg
いつ行っても雪だるまを作る人が居る9条広場。

200125yukiasobi3.jpg
9条広場は地下鉄中島公園駅に近いし薄野にも近い、それにホテルにも近いのだ。

200125yukiasobi.jpg
最近は雪を楽しむ人が次第に増えてきている。10年前にはほとんど見られない風景だ。

200125yukidaruma.jpg
ここは菖蒲池の北側岸、若い外国人カップルから雪だるまと一緒に写真を撮ってくれるように頼まれた。私はスマホを扱えないので躊躇すると、使い方を教えてくれた。それでもスマホの画面操作は苦手で何回も失敗したが、ニコニコしながら丁寧に教えてくれた。別れ際に笑顔で「アリガトウゴザイマス」と言ってくれた。他の人に頼めばすぐに出来たのにね。去ってから撮った写真がコレ! 私が子供の時に作った雪だるまとずいぶん違う。
posted by nakapa at 19:08| Comment(0) | 春夏秋冬

2020年01月25日

中島公園の歩くスキー開始

2020年1月10日 歩くスキー開始
積雪の状況が悪いため開始が遅れていたが10日より開始。スキー貸出期間は3月8日までだが、積雪状況によっては早く終了することもある。

貸出時間:10時〜16時
貸出物品:スキー、靴、ポール
貸出休止:1月27日、1月30日〜2月4日、2月17日
積雪状況により日程が変更される場合がある。

歩くスキーコース
200105suki4.jpg
コースは大幅縮小、去年までのコースから文学館からボート乗場、菖蒲池東側から「香りの広場」へのコースが削られた。体育センター前にコンパクトにまとめた感じだ。
200105suki6.jpg
スタート地点がゴール。

200105suki3.jpg

1月25日
200125suki2.jpg
中島体育センター前広場の向こうに藻岩山が見える。

200125suki.jpg
こうして見ると道立文学館も雪の中に格好よく建っている。

1月23日
200123suki.jpg
文学館近く、ここで左に曲がる。前は園路だから歩行者も居る。

1月11日(土)のスキー風景
200111suki5.jpg
中島体育センター横がスタートでありゴールでもある。ここだけ坂がある。

200111suki4.jpg
殆ど平坦の一周600メートルの初心者コース。ここだけが短い斜面。

200111suki3.jpg
要所にコース案内板、左に曲がって下さいとの表示。

200111suki2.jpg
ここも少しだけ坂がある。建物は道立文学館。入館無料だが一部有料。

200111suki1.jpg
文学館辺りを左に曲がればゴールも近い。体育センターと文学館がある広場がコース。
タグ:歩きスキー
posted by nakapa at 15:18| Comment(0) | イベント

2020年01月21日

2020中島公園冬景色

2020年1月21日 中島公園冬景色
暖冬、雪不足の札幌だったが、ここにきて久しぶりの雪景色

200121kujohiroba.jpg
中島公園の表玄関、9条広場にも雪が積もり観光客の姿も見られるようになった。

200121kujohiroba1.jpg
久しぶりの雪を楽しんでいるようだ。

200121kujohiroba2.jpg
除雪車も雪だるまを残してくれたようだ。札幌市の積雪32センチ。

200121ikekita.jpg
だいぶ積もったが、池には温かったころの名残が見られる。

200121houheikan.jpg
木を守る雪囲いもようやく役目を果たす時がやって来た。左側に豊平館が見える。

200121tenmondai.jpg
天文台の坂でソリ遊びを楽しむ親子連れ。

200121kitara.jpg
札幌コンサートホール・キタラ前広場。

200121hata.jpg
青空に白い雲、垂れ下がる旗が静かな公園を現している。

200121nakasubasi.jpg
キタラ裏を静かに流れて行く鴨々川。中洲2号橋より撮影。左上に1号橋が見える。
posted by nakapa at 19:00| Comment(0) | 春夏秋冬

2020年01月19日

中島公園、冬の夜

2020年1月18日 中島公園、冬の夜
冬の公園は寒くて暗い、人通りが多いのはイベントの夜と札幌コンサートホール・キタラでの夜のコンサート終了後だけ。もちろん、通勤・通学・買い物帰り、犬の散歩の人が通るがまばらだ。静かな公園もいいものだ。

200118yakei8.jpg
キタラ裏(西側)を流れる鴨々川に沿って設置された遊歩道。今年は雪が少ないので歩きやすい。例年なら雪が積もっている。

200118yakei7.jpg
人っ子一人見えないキタラ広場、コンサートが終わればドッと出てくる人の波。

200118yakei6.jpg
キタラ近くだが静かな感じだ。まだ午後6時くらいで夏なら明るい時刻だが。

200118yakei5.jpg
札幌まつりで見世物小屋で賑わう自由広場。冬期以外はフリマの会場。

200118yakei4.jpg
自由広場の公衆トイレ、冬でもオープンしているのは南9条通りに面した所とここだけ。

200118yakei3.jpg
ここでは冬でも近所の人々が集まって毎朝ラジオ体操をやっている。誰も居ない夜。

200118yakei2.jpg
行啓通に架かる南14条橋、川は鴨々川。この川の両側でラジオ体操する人が多い。

200118yakei1.jpg
中島公園の南側から行啓通の向こう側を見ると札幌護国神社の鳥居が見える。主に公園の南側を歩いてみたが、午後6時と言う夜というよりも夕暮れ時だが、まるで深夜のようだった。
タグ:夜景
posted by nakapa at 05:36| Comment(0) | 春夏秋冬

2020年01月18日

スノーキャンドルin中島公園

2020年1月18日 冬のまちにスノーキャンドルの灯りをともそうin中島公園
スノーキャンドルの製作体験は15時〜18時で点灯は16時30分〜18時30分、場所は地下鉄幌平橋駅前広場(1番口近く)。スノーキャンドルの製作道具は無料で貸し出される。

candle.jpg

PDFデータはこちらからダウンロード → candlelight.pdf
(上のチラシ画像及びPDFデータはは「中島公園管理事務所」情報)

今年は阪神淡路大震災より25年目の節目。札幌市やその近郊の様々な場所でスノーキャンドルが一斉点灯される。中島公園はその一環としての参加となる。

200118candle1.jpg
中島公園の南端に地下鉄幌平橋駅がある。駅前広場にキャンドルの灯がともる。

200118candle2.jpg
近づくとこんな感じ。

200118candle3.jpg
雪の中にやわらかな灯が色々な形で灯っている。中島公園スノーキャンドル。

200118candle4.jpg
地下鉄を降りて階段を上るとキャンドルライトが待っていてくれる。
posted by nakapa at 22:32| Comment(0) | イベント

2020年01月10日

中島公園冬景色

2020年1月8〜10日 中島公園冬景色
冬には冬の景色あり。美しい独特の冬景色。そのいくつかをここに紹介。

1月10日
200110shoubuike.jpg
菖蒲池は凍り、その上に薄く雪が積もり強大なキャンバスが出来、影で描かれる絵。

200110moiwayama.jpg
菖蒲池越しに見える藻岩山。

200110deguti3tikaku.jpg
中島公園の北側にすすきのがある。

1月9日
200109magamo.jpg
地下鉄幌平橋駅近くを流れる鴨々川は冬のマガモの居場所。

200109misonobasi.jpg
赤い橋は鴨々川に架かる「みその橋」。この橋は札幌護国神社への参道にある。

1月8日
200108moyamabasi.jpg
駅前通に架かる藻山橋より鴨々川上流を望む。川面に映るビルにコイが1匹重なる。
posted by nakapa at 18:01| Comment(0) | 春夏秋冬